京都  千本ゑんま堂 引接寺

京都府京都市上京区閻魔前町34 節分会 予告 2月 2日 (金) 3日(土)こんにゃく煮き みなさまの安寧を願い金上がりだるまを  授与し 本堂でご祈祷します。 都(みやこ)の西北(戌亥いぬい)財庫の方位におわします ゑんま法王の御力を頂いて下さい 3日  午後7時頃より 狂言奉納。 その後豆まき節分会 予告 2月 2日 (金) 3日(土)こんにゃく煮き みなさまの安寧を願い金上がりだるまを  授与し 本堂でご祈祷します。 都(みやこ)の西北(戌亥いぬい)財庫の方位におわします ゑんま法王の御力を頂いて下さい 3日  午後7時頃より 狂言奉納。 その後豆まき      との事です。 私は先日にお参りをして、御札を購入して来ました。 写真の赤い守りの矢の御札を購入させて頂くと、 普段は入る事が出来ない閻魔大王のお部屋に入らせて頂き、お香を焚いてお参りをさせて頂けました。 戸が閉まっていて閻魔大王が拝見できない、と思っていたのですが、 御札にお性根を頂けたようで有難かったです🙇…

後白河法皇御所聖蹟 天台宗 法住寺🙇

京都府京都市東山区三十三間堂廻り655 無病息災大根炊き 1月15日に近い日曜日 お不動さまに祈願を込めました大根炊きが振る舞われます。 その時に 護摩供祈願(ごまくきがん)並びに牛王寶印加持(ごおうほういんかじ)  午前10時~ /正午~ / 午後2時~ 護摩供祈願の後、本堂内の参拝者に牛王札も授与されます。 私達は10時~お参りしました。 そして、ギリギリで 牛王宝印が頂けました❕❕❕ 又、大根焚き 限定ご朱印/500円(護摩木1本付き)も販売されていました。 受付時間 午前9時~午後4時半(但し、150枚の書置きのため、なくなり次第終了) 場所   本堂内・寺務所

京都 清水寺の牛王宝印 ⛩

毎年、1月7日に配布される牛王宝印です(^-^)/ 清水寺の謂れとして ある日、鹿狩りに音羽山を訪れた武人、坂上田村麻呂が音羽の瀧で、奈良で修行を積んだ僧、賢心と出会います。賢心は坂上田村麻呂に観音霊地での殺生を戒め、観世音菩薩の功徳を説きました。その教えに深く感銘を受けた坂上田村麻呂は後日、十一面千手観世音菩薩を御本尊として寺院を建立し、音羽の瀧の清らかさにちなんで清水寺と名付けたのです。

京都 八坂神社の牛王宝印⛩

毎年 元旦に配布される 八坂神社の 牛王宝印です❗ 熊野神社、高野山(こうやさん)、八坂(やさか)神社をはじめ、山王、白山、熱田(あつた)、富士浅間(せんげん)など各地の社寺で出す災厄除(よ)けの護符をいう。略して牛王ともいう。熊野のものがもっとも有名で、半紙大の紙に熊野神の御使(おつかい)といわれている八咫烏(やたがらす)のしるしがかかれている。熊野の神は虚言を正すとの信仰から、中世以後の武士は起請文(きしょうもん)を書くのにこの牛王宝印の裏に署した。『吾妻鏡(あづまかがみ)』元暦(げんりゃく)2年(1185)の条に、源義経(よしつね)が大江広元(おおえのひろもと)を通じて兄頼朝(よりとも)に対して異心なきことを、牛王宝印の裏に起請文を書いて差し出したことがみえる。熊野牛王が民間に広く行き渡ったのは熊野比丘尼(びくに)が諸国にこの信仰を宣伝して歩いたことが考えられる。牛王ということばについては諸説があって決めがたい。ウシの胆嚢(たんのう)にできるもので薬品に使われる牛黄(ごおう)というものに由来するという説があるが、牛王と牛黄とはまったく別物だという説もある。『和漢三才図会(わかんさんさいずえ)』など江戸時代の諸書には、牛王はウブスナ(生土)の生の字の下部の一が誤って土の字の上についたものだといい、仏教のほうでは牛頭天王(ごずてんのう)に由来すると説く者もあった。今日では護符として身に帯びたり、門口に貼(は)ったりしている。正月に寺から受けてくる牛王杖(じょう)、牛王串(ぐし)などといわれるものがある。木の棒で、先を割って牛王札が挟んである。

小品盆栽フェア 🌿 雅風展🍃

京都みやこめっせの盆栽展覧会に、初めて行って来ました🎵 全国から受賞された素敵な盆地が🌿 入場したときにはチラシの中に抽選券が入っていたので、行ってみる〜! 当りました👏3000円の商品券です❕ 盆栽が買えるそうなので、販売コーナーに行きみると〜山の盆栽沢達が🌿選ぶのが大変です🎶 悩んで悩んで、小さな盆栽2個とシクラメンを2個買いました💕 🌸シクラメンは友達にプレゼントするためです写真の盆栽は自宅に持って帰った盆栽です🎶